G2-2

G2-2

 

犬が便秘になると結構大変なので、普段から気をつけておいたほうがいいです。

 

大変と言っても当人(犬)の気持ちまでなかなかわかってあげられないのですが、飼っている犬は家族の一員なので、心配事が増えるということです。

 

犬は所詮畜生なのですが、表情やしぐさ、行動で便秘で辛そうなことが当然わかってしまいます。さて、犬の便秘への対策なのですが食事の方で排便をうながすようなものも入れておいてあげるというのがいいのかもしれません。

 

販売されている書籍などを見まわしてみますと、与える食事で犬の健康に気を使ってあげる、というようなものもありますので参考にするといいでしょう。

 

まあ、具体的には食物繊維を含む食事を犬に与えるのです。最近では市販のドッグフードに食物繊維が多く入ったものが出回っていますのでこれが便秘に効くのではないかと思います。

 

お値段もそれほどお高くないのもありがたいです。広く販売されているようなので、通信販売でしか手に入らないということもなさそうで、近くのペットショップ、ホームセンターで手に入れられるようです。食物繊維が入っていることで味が変わって食べなくなるということもなさそうです。

続きを読む≫ 2016/11/23 17:21:23

ウチの犬のことです。

 

左目がなんとなく白くなっているなあ、と思って数カ月ですが、以前より白くなっています。やはり白内障のようです。シーズのような小型犬の他の犬で目が白くなっているのを見かけたことがありましたが、自分のところの犬が白内障になってしまうなんてがっかりです。他人事ではありませんでした。

 

犬の白内障のことについて調べてみると、単なる年をとることで白内障になる、老年性白内障だけではなくて、遺伝的、あるいは外傷性、または代謝性の白内障があることがわかりました。ウチの犬の場合は、老年性白内障または遺伝性白内障ではないかと思います。

 

老年性白内障は、以前はペットの犬も長生きしなかったのですが、最近では犬の生活環境、健康維持の面で大きく以前よりも改善されたため、ペットが高齢化し、その結果として、老年性の白内障が増えてきたとのこと。

 

確かに、昔と違って犬の体調が悪くなるとすぐに動物病院に連れて行ったり、食事もだいぶいいものを食べていると思うので長生きしているのは確かで、うれしいと思う反面、そのような弊害がでてくるのですね。人間と同じかなと思います。

続きを読む≫ 2016/11/23 17:21:23

うちの猫、かわいくてしょうがありません。少しでも長く元気でいてほしいので、猫の健康管理には気を使っています。

 

猫がフィラリアにかかるのも、とても気にかけていて、お薬を使っています。昔は、動物病院で処方してもらっていましたが、通販で買えると知って、今では、自分で塗ってあげています。お値段も動物病院でやってもらうよりも全然お安いですし。フィラリアのお薬のレボリューションを猫に塗るのは、夏場の定番の行事なんです。3ヶ月に1度、背中のところに塗ってあげると完了です。

 

薬を飲ませなくても、塗るだけでいいなんて超画期的なお薬ですね。とても簡単で猫もいやがらないです。ただ、このレボリューションですが、通販といえども結構なお値段がします。まあ、このお値段で猫のフィラリア予防ができるのなら安いもんですが。

 

お金がかかるがしょうがない。このレボリューションですが、フィラリアだけに効くわけではないんですね。ノミ駆除の機能もあります。

 

ウチの猫は、ウチネコなんでノミ退治は必要ないのかもしれませんが、さらに安心できます。自宅にノミがいないと思い込んでいると、皆さんお思いになっていますが、大抵のおうちはそれなりの数のノミはいるものです。

続きを読む≫ 2016/11/23 17:21:23

先日散歩してたら、かきむしり防止のカラー(メガホンのようなもの)をつけているワンちゃんを見ました。

 

なにかのキズを負ったか、皮膚病か何かでついついかきむしるのを防止するためのもののだと思います。おそらくは犬のアトピーになってしまっているのではないかと思います。

 

かゆみを耐えることは確かに大変なので、犬にはかくのを我慢するのはとても難しいんでしょうね。(人間もですが)きっと、その犬はアトピーか何かになっているんだと思います。

 

アトピーというのは大層厄介な病気の一つです。薬はあるにはありますが、副作用な強いものなのです。あのステロイド剤です。薬というものはそもそも、病気を完治できるものは少なく、ほとんが、病気の症状を和らげるものでしかないと聞いたことがあります。

 

アトピーの薬の場合、刺激に過敏に反応してかゆみを感じるので、なるべく、刺激に鈍感になるようなお薬を処方します。

 

それもいつまでも効きつづけるわけではないので、やがてかゆみが再開するのです。そしてそれを何回も繰り返すとだんだん薬に慣れてきて、より強いくすりが必要になってきます。

続きを読む≫ 2016/11/23 17:21:23